Skip to content

統合環境によるアプリ開発

アプリ開発はGUIなどのデザイン部と動作部に分けられますが、一般的な開発ツールではGUIのデザイン部もプログラムをし、実機やツールで動作を見るまで分からないという場合が多いです。

しかし、統合環境の中にはデザイン部でGUIを決めた後は自動でプログラムに反映される仕組みを持つものが増えています。統合環境としてよく利用されるのはXcodeやandroidstudioです。

これらのツールはアップル社とGoogleがそれぞれのプラットフォーム開発用に作っているものであり、基本的に他のプラットフォームのアプリを作ることはできません。他のプラットフォームでアプリ公開するためには移植作業が重要となります。

そこでサードパーティーではプラットフォーム間の違いを取り除き、一度アプリを作れば多くのプラットフォームにビルドだけで提供できる仕組みを作っています。アプリ開発においてプラットフォームを考えなくて良いことは大変なメリットです。

統合環境の良さはプラットフォームを考えなくて良い事以外に各プラットフォームで採用されている言語を利用しなくて済むことがあります。言語はどのプラットフォームにも依存せずに設定されており、UnityならC#、UnrealengineならC++、PhonegapやTitanimemobileならJavascriptを利用できます。どの言語も利用者が多いこともありアプリ開発者が続々と増えています

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *