Skip to content

iBeaconが変えるアプリ開発

iBeaconはIOSやAndroidで利用できるユーザープッシュの新しい方法です。

ビーコン端末を用意していれば近距離の端末にメッセージや画像を提供することが可能です。よく利用されているのは商店街などでクーポンを提供する場合などで利用されています。

iBeaconはプログラムが比較的カンタンであり、集客アイテムとしても利用が進んでいます。しかし、アプリ開発をするにはさまざま問題があり、お店側での利用は進んでいないようです。

アプリ開発ではプログラムができることが最低限必要と言われてきました。しかし、現在ではアプリ開発においてプログラムをしなくてもアプリが作れるサービスが多数登場しています。

それらのサービスではプログラムの代わりに必要な機能をまとめたアイテムやテンプレートを活用したアプリ作りが行なわれています。アイテムにはiBeacon対応も行なわれています。iBeaconはBluetoothとGPSなどを使ったサービスですが、プログラムを知らない方でも場所と送信内容を決めてしまえばアプリ化が可能です。

特に商店などの場合は自社のHPもくみあわせた運用も可能であり、ホームページと連動したアプリをすぐに作成でき、また、これまで難しかった来店中のお客様に直接届くクーポンなどのサービスも提供可能です。集客、カスタマーサポートのためのアイテムとして重要性を増しているアプリがより簡単に作れるとあって好評を得ています

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *