Skip to content

商品紹介用のアプリ開発

アプリ開発はゲームやツール系が多いのですが最近増えてきているのが自前の商品や書籍のカタログアプリです。

カタログアプリは画像の羅列するアプリが多かったのですが、現在ではさらにこだわったアプリとしてラインナップが増えています。カタログや電子書籍のアプリは大手の出版社がよく作っていますが、個人でも作ることができます。アプリ開発と言えば難しいプログラムが前提と考える方が多いです。

しかし、プログラミング言語の習得は一朝一夕では終わりません。そのため、商品をたくさんもっていてもうまくプレゼンできない、新規顧客開拓に繋げられていないという方も多いようです。新しいタイプのアプリ開発はプログラムをすることなく、アプリを開発することができるようになりました。

この新サービスはWEB画面でアイテムやテンプレートを配置するだけでアプリを作ってくれます。特にカタログや電子書籍のようなサービスにはもってこいのシステムとなっています。作成者はコンテンツを表示するタイミングや場所、ソートの仕方や検索の仕方などを決めていくだけです。

難しいプログラムの話は一切ないので自分のコンテンツをいかに分かりやすく、かっこよく見せるかに拘ることが可能です。特にカタログアプリの場合はそのまま販売ページへの導線とすることもできますので売上に効果を出すことが可能です。アプリ開発はプログラムをしなくてもコンテンツで勝負できるようになってきました

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *