Skip to content

アプリ開発で重要なこと

アプリ開発といえばスマートフォンやタブレット向けの各種ツールの開発を意味しますが、パソコン向けのツール開発とは若干異なるので注意が必要です。

もっとも大きな違いはスマフォ向けのアプリは対応しなくてはならない画面サイズが多いということです。アプリ開発に置いて画面の解像度がたくさん対応しなくてはならないのはかなりの重荷です。

しかも、スマートフォンは解像度以外にもCPUやGPUが機種によってさまざまです。アプリ開発では対象となるスマートフォンの選定から始める必要があります。現在利用が多いスマートフォンとしてはIOSとアンドロイドとなります。

IOSの場合は古い機種でも新OSに対応させてくることが多いのでOSは最新のものに合わせればよいですし、画面サイズもそれほど多くはありません。アンドロイドの場合はOSをサポートするCPUが世代でかなり狭まるので注意が必要です。

最新OSを利用できる機種は全体の半分以下ということも珍しくありません。そのため、複数のOSバージョンに対応することが重要になってきます。アプリ開発では対象となるスマートフォンを決めかねる場合には開発ツールに一任することも可能です。

一般的に動作するアプリとして作成すればどのスマートフォンでも稼働可能です。ただし、高解像度や早いCPUで動かした際におかしな挙動を取ることもあるのでアプリ開発の際は、対応する端末を足きりして絞って開発をすることが大事になります

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *