Skip to content

IOSとアンドロイド両対応のアプリ開発

スマートフォンの市場はIOSとアンドロイドでほぼ100%となります。

他のOSもあるのですが、利用者数から考えれば微々たるものです。そのため、アプリ開発でも両者に対応、もしくはいづれかに対応することになります。アプリ開発では各OSメーカーから提供されているライブラリや開発ツールを使うことが多いのですが、それではライバルのOS用のアプリは作成できません。

両対応させるためには移植作業が必要になることが多かったようです。しかし、現在ではサードパーティ製の開発ツールが進化しており、メーカー製の開発ツールと同等の速度で実行できるアプリ開発ができるようになってきました。

サードパーティ製の開発ツールを使う利点は両対応のアプリが作れるだけではありません。開発工期を減らし、また、デザイナーが作ったコンテンツについては両アプリで利用することができるのでコスト削減につながります。

また、開発に際して得られる、ノウハウについても両対応であればどちらのOS用にこだわったアプリを作った場合でも有効な知識です。スマートフォン市場は当面、IOSとアンドロイドが牽引役となりますのでアプリ開発についても両対応を頭に入れた上で活動することが重要です。

ただし、OSが切り替わった際に特別な機能が本体についた際などはライブラリ側での対応が若干遅れがちになりますので注意が必要です。また、メーカー独自機能についてはサードパーティ製ツールでサポートしないことも多いので注意しておく必要があります

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *