Skip to content

ゲームのアプリ開発環境

スマートフォン向けのゲームの開発環境は大きく分けて2つあるようです。

1つはプラットフォームごとに用意されているネイティブな開発環境を使うこと、2つ目はUnityやUnrealengineなどの異機種プラットフォーム対応開発環境を使うことです。ネイティブな開発環境はもちろんゲーム開発でも十分役にたってくれますがプラットフォームの変更が効きにくく、また、他のプラットフォームへの移植も大変な工数がかかることが問題でした。また、ゲームの規模が大きくなるにつれ、開発規模や開発予算も膨れ上がっているのでプラットフォーム別の開発はナンセンスと考えられています。

そこで注目されているのがUnityやUnrealengineなどのプラットフォームを気にせずに開発できる環境です。アプリ開発においてゲーム開発はもっとも過酷にプラットフォームを使うと言われており、効率的な開発をしないとフレームレートが予定よりも遅くなることもあり、ゲームとして致命的な問題となることが多いようです。

そこでゲームのためのアプリ開発環境が待たれていましたがUnityやUnrealengineではフレームレートもネイティブアプリに負けないように開発することができ、また、ツール自体も安く提供されていることから急速に利用が進んでいます。アプリ開発は大手企業以外でも個人開発者と中心に盛り上がってきています。Unityではこのような個人開発者には無料で利用できるようにしており利用が進んでいます

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *