Skip to content

アプリのプッシュ通知をコントロールする

多機能化が進み、支払いやSNSの活用、カメラと様々な役割をスマートフォンにまかせている方も多いでしょう。

そんな状況で便利なのがアプリのプッシュ通知です。例えば予定やセールなどの新着情報、その他ユーザーに知らせなければいけないことを画面の上部の通知バーや本体のランプのイルミネーションで教えてくれるので、仮に本人が忘れていたとしてもそれを見れば思い出すことができます。

個人で扱う情報やタスクが多くなるにつれて、必ず活用しなければいけない機能の一つです。一方で、多くのアプリをインストールしていると、プッシュ通知同士で情報を埋めてしまう場合があるなど限度を定めないとせっかくのプッシュ通知も意味がありません。そこでユーザーに求められるのがコントロール能力です。

アプリから発信されるお知らせの中から、アクティブにしなければいけない重要度の高いものと、ミュートにしていても影響の少ない重要度の低いものを判別した方がいいでしょう。

そうすれば、本当に気付かなければいけない情報だけをユーザーが認識できるので、埋もれてしまったり、忘れたままでいてしまうというリスクが減ります。アプリの使用頻度やプッシュ通知を受け取ったことによる恩恵があったのかどうかを見直し、実は大して必要が無かった情報に関しては、アプリの設定画面でオン・オフを切り替えておくと便利です。スマートフォンのような有益なデバイスを最大限活用できるかは、個人によるところが大きいのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *