Skip to content

セグメントプッシュは初めの登録が肝心

全ての人が同じ情報を必要としているわけではありません。

年齢、性別、地域、所有物などの違いによって知りたいことは変わってきます。それらの条件を分類しセグメントと呼ばれるグルーピングをすることで同じ情報を欲しがる集団として扱うことができるようになります。

そこで行われるマーケティングがセグメントプッシュです。プッシュ通知はアプリを利用して直接情報を表示させるマーケティング手法です。画面上に優先的に表示されるメッセージは使用者の興味を引きやすく、有効な宣伝として考えられています。特定のアプリをインストールしているユーザーに対して情報提供をするため、効果的に行うことができます。

特にセールなどの案内は、タイミングが合えば大きな集客効果を期待できます。ただし不要な情報ばかり通知していると不要なものとして受け取りを拒否される恐れもあります。アプリの有無だけのグループ分けだけでは曖昧すぎて、ユーザーによっては不要な案内が届くことになります。より細かな分類によって情報の要否を判断して送ることができれば、拒否されるリスクも低く、詳しく読んでもらうために通知を開封してもらえる確率が高まります。

同じプッシュ通知を行うときにもセグメントプッシュによって絞り込まれた状態の方が好感度が高くなります。セグメントプッシュを効果的に行うためには登録時の情報収集が重要です。しばらく経ってから個人の情報を取得することは困難なため、はじめにある程度広範囲で入力してもらい、グループに分けやすい状態にしておくことが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *