Skip to content

iphoneのアプリ作成

iphoneはアップル社の数あるヒット商品でも圧倒的で最大のヒット商品です。

スマートフォンが世界に出回る前までは携帯電話で電話やメールでのコミュニケーションを取っていて、インターネットを楽しめるまでの機能は搭載されていませんでした。日本のガラパゴス携帯電話だけは例外で、その当時から狭い画面で何とかインターネットを楽しむことができました。

ただし、水平分業化されていなかったため、狭い日本の中でしか広めることができません。一方、iphoneはハードとosを自社で開発しながら、仕様を公開しその上で動くアプリに柔軟性を持たせ、世界中の優秀なアプリ開発者の力を借りて、iphoneプラットホームを広げています。

Googleと違うのはハードを自社で作成しているところで、この違いが両者の時価総額に結び付きます。Googleはandroidosを作成し公開していて、全世界ではiphoneよりもandroid対応スマートフォンのほうがシェアを持っていますが、ハードを事業者に任せているため、アップルの時価総額に届かないのです。iphoneはandroidスマートフォンよりもシェアが少ないですが、アプリストアのできが一歩先に行っていて強いセキュリティを確保しているため、開発者人口で勝っていて質の良いアプリがアップルストアに集まるのです。

このようにシェアで負けても質のアプリストアの確保で作成者の質をも同時に維持しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *