Skip to content

プラットフォームに応じてアプリを開発するメリット

スマートフォンやタブレット端末は、軽量で外出先で行うほとんどの事をスムーズに行える性能を持っています。

動画を視聴したり、オンラインサービスを活用したり、カメラで写真や動画を撮影したり、それらを編集したり、メールの送受信やメッセージの送受信を行なったり出来ます。そのような高機能を実現するには、スマートフォンやタブレット端末のモバイルOSに様々なAPIが搭載されている事が必要です。

モバイルOSはいくつか存在していますが、主なプラットフォームは2つです。その為、アプリを開発する企業や個人は、OSプラットフォームに応じたアプリ開発を行なっていく事になります。プラットフォーム別にアプリ開発キットがモバイルOSメーカーのデベロッパーサイトから入手する事が可能ですので、これをまず導入します。

そして、そのキットをバージョン別に管理する事ができ、エラーなどをリアルタイムに表示する事が出来るIDEと呼ばれるコードを書いたり、エミュレーターで動作確認したり、配布ファイルに出力が出来たりするツールをインストールし、アプリ開発の環境を整えます。

プラットフォームが異なっていても、APIという形でプログラミング言語から機能を呼び出し、プログラムを組み立てていく事が出来ます。プログラムの構築をスムーズに行うには、IDE上でのエミュレーター動作やテストでのエラーチェックは欠かせません。また、時には実機テストを行う事もありますので、プラットフォームに合った端末を用意しておく事も欠かせません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *