Skip to content

制作会社によって特色が出る電子書籍アプリ

電子書籍は紙の本とは違った存在です。

紙の本は実物を所有する満足感があります。更に電池がなくても読書が可能です。一方で紙の雑誌や小説は老朽化から逃れられません。どれだけ大切に保存していても、素材の関係で日焼けします。日陰に保存していても太陽光の悪影響が避けられず、前に購入した書籍を久々に読んでみたら全てのページが日焼けしていて驚いた、そんな経験を持つ人々も多いはずです。

一方で電子版の小説やコミックですが、そもそもデータ化されたコンテンツですので物理的に劣化する恐れはありません。更にアプリにデータを取り寄せて読む形式なので、iPhoneやタブレットの容量に空きがある限り、いくらでも追加保存可能です。一度に数十冊の書籍を携帯出来るのは電子書籍アプリだけの特権と言えます。以前は大手出版社や大手書店が参入していませんでした。

ところが最近では多くの企業が積極的に電子書籍アプリを自社で制作しています。それぞれ企業ごとに得意分野があり、書籍の管理に優れたアプリを製作する会社もあれば、高解像度な漫画本を多く配信する会社もあります。漫画は特に電子版に適したメディアです。

紙の本では難しい全てのページをフルカラーで制作する、といった事も可能で、既に大手出版社のアプリではそのような試みが実施されています。全てのページがフルカラーだと、まるでアニメを鑑賞しているような贅沢な感覚に浸れます。以前に制作した名作漫画が電子版ではフルカラー化される事もあり、ファンの感動を集めているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *