Skip to content

iPhoneのカメラがQRリーダーに

iPhoneでQRコードを読み取るにはiOS11以前はQRリーダーアプリをダウンロードして使用していましたが、iOS11i\以降はQRリーダーアプリをわざわざダウンロードしなくてもカメラ機能にQRリーダーが標準機能として追加されました。

設定の方法は、iPhoneの「機能」をタップします。設定のページの「カメラ」をタップしカメラのページに移ります。「QRコードをQRリーダースキャン」をONにします。楕円形のボタンの左側が緑色になればON状態です。これで設定は終わりです。使い方も簡単です。「カメラ」のアイコンをタップしカメラを起動させます。「写真」の状態でQRコードにかざして近づけるとオレンジ色のガイドラインが出ますのでその中にQRコードが入るようにし、読み取ります。

上部からWEBサイトQRコード、(QRコードの情報名)をsafariで開くというメッセージが出ますのでそれをタップすれば指定のwebのページに移行します。iPhoneでWEBページを見ていた時にQRコードが表示された場合は、QRコードを長押し(プレス)します。するとQRコードが拡大表示されますので上方向に画面を押してからさっとはじきます。

このさっとはじく事はフリックといいます。フリックするとそのQRコードの情報を「開く」画面でどうしたいのかを聞いてきますので、当てはまる項目をタップすると情報が見られるようになります。この場合は、QRコードのみの画像が対象になります。写真やイラスト、その他情報と一緒になっている場合は画像としてみなされますので対象外となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です