Skip to content

バーコードリーダーからQRリーダーへの移行

商品管理や物流業務の中で欠かせない存在になっているのがバーコードです。

バーコードは数字と英文字を含めた文字列を白と黒の棒線を利用して含めることができるもので、バーコードリーダーで読み取ることができます。これに対してQRリーダーはQRコードを読み取るための装置で、QRコードは日本語の全角文字列を含めることができる、より多くの情報を格納できるなどからも注目が集まっています。さらに、スマートフォンや携帯電話などにもQRリーダーの機能が装備されており、様々な分野でQRコードが利用されています。

従来は一元コードのバーコードが主流でしたが、日本語の2バイト文字も含めることができるのでより多くの情報を取り込みたい場合に有利なものと言えましょう。広告チラシの中にもQRコードが掲載されていることが多く、スマートフォンなどの携帯端末のQRリーダーを使えば簡単に読み取ることができます。QRコードにはホームページのアドレスなどが含まれているので、これを読み取ればURLを入力することなくダイレクトにホームページへのアクセスも可能にしています。

メール会員を募集したい時なども、チラシ広告にQRコードを掲載しておけば、利用者が自由にコードを読み取りしてサイトへの誘導が可能になるメリットもあるわけです。手入力でのアクセスとなった場合、URLを入力する手間が掛かること、入力ミスをしてしまえばサイトへのアクセスが難しくなるなど時代と供にORコードが主流になっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です