• 仮想化基盤の種類と運用

    仮想化基盤は主にCPUとOSの関係で分ける場合と利用方法で分ける場合があります。



    CPUとOSの関係で分ける場合は仮想化の方法で分けられます。
    仮想化には完全仮想化と準仮想化があり、それぞれCPUの役割が変わってきます。



    完全仮想化では可動するOSにとってはドライバ無しでCPUを認識することができます。いわゆるX86系のCPUをエミュレートすることであり、CPUが異なっても動作させられます。

    ただし、負担がとても大きいので速度面ではそれほど早くはできません。
    その代わり、どのOSでも動かせるメリットがあります。

    対して準仮想化は可動させるOS側にドライバなどのソフトウエアを入れておき、CPU側も仮想化対応モジュールを持つことでOSにCPUを認識させます。準仮想化はCPUを普通に利用できるメリットがあり、速度面でも十分なパフォーマンスが期待できます。


    対応しているOSやCPUを選ぶことになりますが、多くの仮想化基盤で利用されている方法です。

    ドライバについてはハードウエアベンダーが用意することが多く、プリインストールされている状態で販売されることが多いです。

    仮想化基盤では利用方法でも分けられます。
    仮想化基盤の多くは社内などプライベートな空間で利用されることが多いですが、パブリッククラウドと呼ばれるサービスとしてリソースを公開することも多くなっています。

    エキサイトニュースの情報をご提供しています。

    レンタルサーバよりもさらに細かく価格を設定することができるのがメリットです。