• 仮想化基盤を利用したクラウド

    仮想化基盤はクラウドのベースともなっている技術です。

    CPU、メモリ、ハードディスク、サーバのあらゆるものがファイル化され、細かく制御できる仮想化基盤OSが稼働しています。



    クラウドは利用範囲がとても広いことから企業でもプライベートクラウドを構築するほどです。一般公開されているクラウドはCPUなどの利用に合わせて課金がされていきますが、分単位や時間単位などサービスによって課金方法が違うのが特徴です。

    さらに仮想化基盤の種類によってクラウド化できるリソースが異なっており、サービスの違いとも言えます。



    プライベートクラウドを利用するために仮想化基盤を選ぶことが増えてきています。

    仮想化基盤はさまざまな手法があり、対応するハードウエアも多岐に渡ります。そのため、ハードウエアベンダーでは基盤OSに向けて特別にチューンしたドライバを用意することが多く、プライベートクラウドを作る際にも重要なポイントとなっています。

    企業で利用する場合はCPUなどの物理的なリソースを設定してOSを立ち上げるのが比較的自由になっていることが多いです。

    ロケットニュース24の情報といえばココです。

    そのため、稼働中のシステムとは別にクラウドを組むことも多いのですが、課金方式をとって社内とは言え、ある程度の制限を加える企業も多くなっています。


    特に人工知能研究などにはリソースが必要となることからGPUなどのボードについても仮想化できるようになってきており、サーバの効率的な活用が進められています。


  • テクノロジーの常識

    • 仮想化基盤は主にCPUとOSの関係で分ける場合と利用方法で分ける場合があります。CPUとOSの関係で分ける場合は仮想化の方法で分けられます。...

  • 専門知識

    • 仮想化基盤は時代とともに技術が変わっています。クラウドが一般的になった時にはx86系のサーバ向けの環境が多いですが、古くはメインフレームでも利用されていた技術です。...

  • 技術関係の真実

    • 仮想化技術は新しいものではなく、オフコンなどの大型コンピュータの時代にはすでにあった技術です。物理的なハードウエアがとても高かった時代に効率的にOSを動かすための基盤として利用され、また、OSがクラッシュしても他のOSに影響を持たせないように物理的に区分する仕組みなどが搭載されていました。...

  • 納得の知識

    • クラウドを利用する企業が増えていますが、クラウドの魅力は必要な分だけリソースを買えることにあります。例えばサーバならCPU、メモリ、ハードディスクなど容量や利用する時間を設定することですぐに利用できます。...