• 仮想化基盤の進化について

    仮想化技術は新しいものではなく、オフコンなどの大型コンピュータの時代にはすでにあった技術です。



    物理的なハードウエアがとても高かった時代に効率的にOSを動かすための基盤として利用され、また、OSがクラッシュしても他のOSに影響を持たせないように物理的に区分する仕組みなどが搭載されていました。しかし、x86系のサーバが力を持つようになると1OS1ハードウエアという図式が多くなり、企業ではサーバの台数が飛躍的に増えていきました。サーバの台数が増えると管理が大変になりましたが、サーバ自体の進化は止まらず、ついに大型コンピュータのような仮想化を助ける機能がCPUにも搭載され、仮想化基盤がx86系のサーバでも利用され始めています。

    BIGLOBEニュースに有効な知識の紹介です。

    仮想化基盤は完全仮想化と準仮想化がありますが、仮想化基盤で動作するOSにドライバを組み込むことが多くなり、準仮想化が一般的になっています。
    もちろん、CPUが進化してきていますので古いOSによっては完全仮想化でも昔動いていたハードウエアよりも早く動作するケースも少なくありません。

    仮想化基盤はOSの境目を無くすだけではなくハードウエアの境目もなくしてきています。



    ハードウエアは日々進化していますが、x86系以外のサーバでもx86用のOSが動くようになっています。

    CPUが異なれば動かせないことが多いのですが、仮想化基盤を利用することでエミュレータが動いて稼働させられることが増えています。