• 仮想化基盤の変遷について

    仮想化基盤は時代とともに技術が変わっています。

    魅力の高い47NEWSに関して最新情報を教えます。

    クラウドが一般的になった時にはx86系のサーバ向けの環境が多いですが、古くはメインフレームでも利用されていた技術です。



    仮想化基盤はもともと多くのユーザが1台のサーバを効率よく利用するための技術というよりは、他のユーザとの隔離が重要視されていました。


    それはアプリケーション技術がまだまだ未発達だったこともあり、システムエラーがOSへ影響を及ぼしてしまうことが多かったからです。



    そのため、メインフレームではユーザーの各操作をOSから切り離すことに重点が置かれていました。その後、オープンシステムが利用され始めるとメインフレームからさまざまなCPUが利用された独自のOSを利用するようになります。


    この時点ではOS側に仮想化基盤が組み込まれていることが多くなっていますが、利用方法としては分散したシステムをどうやって繋ぐかに焦点が費やされることが多くなります。
    その後、サーバの台数が増えてしまったことで起こる弊害を打破するためにサーバ集約のために仮想化基盤が利用され、クラウド世代ではさらに進めてCPUなどの物理的なハードウエアをいかに効率よく動かすかが問われています。


    ハードウエアの効率的な運用には利用率を上げることが最優先であり、そのために行われたのがリソースのカプセル化です。物理的なハードウエアをファイルとして扱えるようにしたことで細かく制御することが可能になりました。